ノーブランド 
Monday, November 20, 2017, 07:54 PM


さいきん、ブランド化するものが多い。

イチゴのブランド名はまだわかりやすい。豚肉は

地域の名前そのままということもある。

「ノーブランド」なんていうブランド名もある

なんだかわからないのが「お米」

「ゆめぴりか」なんだそのアプリはみたいな感じだし、

「青天の霹靂」なんてのもあって、焼酎みたいだ。

でも、名前でヒットするかしないかが決まるってのは昔からよく聞く話し。

映画とか、歌とか。名前を考える時はノリの場合もあるだろうし、

みんなで会議して考えることもあるだろうし。

まちがっても人の名前みたいに画数なんかでは決めないだろう。

ぼくたちにも名前がありますね。

両親、爺、婆…その他、だれかが決めたもの。いろんな思いや願いを込めて。

少しまえから夫婦別姓が話題になってます。

わたしは中学生のとき自分の名前がいやでテストの答案用紙に

自分で変えたい名前を書いて怒られたことがあるけれど。

なんでこの名前にしたの?と

尋ねたら、「もう忘れたよ」なんて言われたりして。

名前なんかなんでもいい。ただ、一度くらい名付けてくれたひとの思いを

考えてみるのもわるくない。




47 コメント ( 69 views )   |  固定URL   |   ( 0 / 0 )

B型でした 
Thursday, November 9, 2017, 06:42 PM - 製品情報


先日、NHKの人体 神秘のネットワークという番組を見ました。

筋肉と脂肪も大事な機能を担っているっていう内容。

筋肉を鍛えると記憶力が上がるとか、脂肪のなかの物質が脳に食べ過ぎ注意の

信号を送ってるとか。さいきんわかってきたらしい。

身体に脂肪がまったくなく生まれてくる病気があって。(いろんな病気があるんですね)

その病気になると満腹感が脳に伝わらず、過食からくる成人病で

30歳ぐらいで亡くなってしまう。ところが脂肪のなかにある満腹感を伝える物質を

注射すると、空腹感が止まり延命につながっているということでした。

健康は大切です。でも健康を気にしすぎるのもどうかと。

テレビの通販で美容と健康のサプリの宣伝を見ると、

なんだかいやな気分になるのはわたしだけでしょうか。

晩秋から冬です。昼と夜の温度差が大きくて。暖房強すぎとか、冷房かけてる

電車とか。洋服での調節を上手くしないと。

風邪が流行っているみたいです。ご自愛ください。



写真のトイレ。足跡を付ける。ちょっとしたアイデアで公園が

楽しい雰囲気になる。そんなことを考えさせてくれます。


60 コメント ( 93 views )   |  固定URL   |   ( 3 / 5 )

カメラ 
Friday, October 27, 2017, 05:52 PM - 製品情報


少し前にペンタックスのデジタル一眼レフをレンズともども、

売り払い、はじめてオリンパスのミラーレス一眼を購入しました。

子どもの頃からカメラを購入するとき、そこそこのグレードで

いいや。と思っているのに、結局、お店に行くとそこそこ、

いいグレードを買ってしまう。使いこなせないのに。

それって見栄でもあるし、憧れともいえるし、いいもの買って上達したいって

気持ちもあるし。(ものは言いようです)

いまでも、特別写真が上手いとは思っていない。営業さんが撮ったものでも、

「いいアングルだなぁ」って思うこともあったりして。

いい写真って、偶然が楽しいものもあるけれど、

やっぱりどれだけ考えて、想像できるか。愛情があるかで違ってくるのかもしれません。。

カメラの性能を使いこなすとか、技術てきなことは置いといて。

今回、購入したオリンパスはほんとにそこそこの機種。

ほんとは家族とかも撮影したいけれど、いい歳になってくると、

なんだか気恥ずかしい。

写真は通勤路にいたネコです。中古で購入したズームレンズの試撮り。

朝の日向ぼっこ、邪魔すんじゃねぇ 撮影するなら食い物よこせ!

そんな感じで睨まれました。でもすごい迫力。ライオンとおんなじ分類というのも

納得です。








1 コメント ( 118 views )   |  固定URL   |   ( 3 / 5 )

コンパクトシティ 
Monday, October 23, 2017, 07:58 PM - 製品情報


さいきん旅行で立山・黒部アルペンルートに出掛けてきました。

トロッコ電車とか黒部ダムとか。一度は行ってみたいと思ってたとこです。

ツアーではないので、ローカル電車を乗り継いだり(運転席のある車両に成田山の

お守りが貼っててありました)、市電に乗ったり。

「コンパクトなまちづくり」をめざした富山県。

ヨーロッパのようなお洒落なデザインのトリム(市電)が走ってます。

人口が減少するなか薄く広く開発してもその維持ができず財政破綻になる。

そんなことを避けるために公共交通を充実させてまちを中心に

歩いて暮らしましょう。みたいなことが「コンパクトなまちづくり」のコンセプト。

決して成功したとは言えないらしい。けど。

写真は富山市にある「ガラス美術館」です。ふんだんに木を使ってる。

「隈研吾」さんデザイン。

図書館もあったりしていい雰囲気でした。

いい街だなぁと感じました。旅行者にとっては。

子どものころ、一年ずついろんな街で暮らしてみたいなと思ってました。

セピア色の夏、白い冬、美味しい秋、はじけるような春。

少なくても一年間住んでみないとわかんない。ほんとにいいとこもつらいとこも。

あなたの住んでるまちはどうですか。どんなふうに変わっていくでしょう。








11 コメント ( 32 views )   |  固定URL   |   ( 3.3 / 7 )

そんな気がします 
Friday, March 10, 2017, 05:39 PM - 製品情報


少し前に茨城方面に出掛けたときに休憩した常磐道のSAです。

確か昨年リニューアルしたような記憶がありますが。

見事に「木」です。ひとつの流行です。

サスティナブル 持続可能な社会へという後押しもあって。

とくに集成材は進歩して、

耐火性を併せ持つハイブリッド集成材が開発され

これまで通常の集成材構造では認められていなかった防火地域での

3階・4階建てのオフィスビルや庁舎、学校や幼稚園などが

建築可能になっているそうで。

その昔、打ちっ放しのコンクリートのような内装のお店が

多かった。少し洒落た雰囲気で。クール。

なんで木材には癒しの雰囲気があるんだろう。ぬくもりがあって。

それって、「生きものだから」そんな気がします。たとえ伐採されても。

人類がジャングルで誕生したときのDNAが感じているような。

例えるならコンクリートとかはロボットで木材は生きもの。犬とか猫とおんなじ。

さいきんはAIが進歩して会話なんかも優秀で、

ロボットでも癒しを感じる人もいるけれど。

木は維持するのに手間がかかる。犬や猫に手間がかかるように。生き物だから。

木材をふんだんに使うなら、塗装とかその手間も含めてかわいがらないと。

そのうち、太陽に負けない塗料とか出てくるんでしょうか。

いちど、木材に塗装すれば半永久的にOKみたいな。

そしたら、今度は合成木材が廃れるのかなぁ。


コメントを書く ( 57 views )   |  固定URL   |   ( 3.1 / 36 )


| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | Next> >>