コミュニティー 
Wednesday, January 26, 2011, 05:46 PM - 製品情報


コミュニティーバスの停留所です。

こんな感じの小さな乗り合いバスは高齢化が進むこの先、需要が増すでしょう。

なんだか年寄り専用車みたいになっちゃいそうです。

専用っていうと、なんだか良いイメージのほうが多い感じがするけど、

よくよく考えるとそーでもないこともある気がしてくる。

さいきんでは、若い人から高齢者までがいっしょに楽しみながら生活できる

団地をめざしているところもあるそうで。

そこで、ふと私の家の近所に老夫婦が営むお惣菜屋さんのことを思い出す。

そのお惣菜屋さんはなにを買っても恐ろしいほどおいしい。

たとえば、料理の上手な高齢者がひとり暮らしの学生に食事をつくるとか

若い人は高齢者の代わりに力仕事をする・・・。

高齢者は若い人と接することでになにかを思い出すかもしれない。

若い人は高齢者と接することで、歳をとるということがどんなことなのか。

容赦のない時間の流れを感じるかもしれない。

過去が多い人と未来が多い人が接することで、

より、リアルな現在が生まれる気がします。いい意味で。

そんなことを考えると、なんだ昔の日本じゃん なんて思う。

歴史は繰り返す。って言うけど。

若者という人種と高齢者という人種が共存してこそいい世の中になる。

これからたぶん高齢になるわたしとしては、そう信じたい。


20 コメント ( 685 views )   |  固定URL   |   ( 3 / 448 )

 
Wednesday, January 19, 2011, 06:30 PM - 製品情報


隣の席のS君が、「今朝EVの車が通ったけど、ぜんぜん音がしない!」

と言ってました。ハイブリッド車はすこーし音が聞こえることがあるけど。

音が聞こえないと危ない。ということですこし前に安全のためにわざと発する

音を何パターンか実験的に試すことに。なんて感じの記事をなにかで読んだけど。

どーなったんだろ。音を吸収するアスファルトなんかもあるけど。

そのうち、なにか音を出せばいいんでしょってことで、

携帯の着信音みたいに好きな音を出す人がでてきたりして。

いきなりテレサテンの「つぐない」とかがうしろから聞こえてきたら

笑っちゃう。

音って文化・文明の段階をあらわすバロメーターのひとつという気がします。

電車に乗りながら、そんなことをぼんやり考えてたら、

2〜3メートル離れた場所のヘッドフォンから「シャカシャカ」音が聞こえてきた。

車の音がしない時代に、このやかましさ。なんとかならないのかなぁ。




2 コメント ( 667 views )   |  固定URL   |   ( 3.1 / 558 )

もしドラ 
Monday, January 17, 2011, 07:03 PM - 製品情報


月明かりの夜や、夜になりかけの頃、雲が輝いて見えることがある。

ひとつだけ、ちぎれた雲がとくにそんなふうに見える。

動いていないように見えても、目を離すと移動してる。

カタチを変えている。

なんだか時間の流れのようで。

遅ればせながら、昨年のベストセラー

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら

を読んでみました。

単純に青春小説として泣けて・・・。

ドラッカーは頭のどこに残ったんだろうという感じ。

あっ「真摯」という言葉がココロに残りました。

なにごとにも「真摯」な姿勢でいきたいものです。




1 コメント ( 648 views )   |  固定URL   |   ( 3.1 / 450 )

まだまだ・・・ 
Thursday, January 13, 2011, 07:01 PM - 製品情報


通勤路にある河津桜です。

静岡県の本場、河津町では2月5日から桜祭りがはじまるらしいです。

春はもう、すぐそこまで来ています。


なんて感じはぜんぜんしません。植物はなにを察知して咲く準備を

してるんでしょうか。ただ、確実に陽は伸びてきてますけど・・・。



繁忙期、真っ只中、みなさん事故なく、

体調に気をつけてください。


5 コメント ( 577 views )   |  固定URL   |   ( 3 / 525 )

ある一日 
Saturday, January 8, 2011, 06:42 PM - 製品情報


朝焼けがきれいです。横浜に向かうこの高速道路から

見える景色がすきです。未来のような過去のような。

この古い工業地帯を抜けると横浜ベイブリッジ。

確実に現在が目のまえにひろがります。

横浜の公園にベンチの設置です。

遊具のまえのベンチには、設置完了後、立ち話していたお母さんたちが

椅子取りゲームのような勢いで腰掛けてました。

設置作業をじっと見ていた方が何人かいました。

ベンチを設置したあとに、ひとりのお年寄りから「ごくろうさま」と

声をかけられました。当然のことですけど、きちんと設置作業した

ご褒美のようです。

なんだか、みんな同じようなぬくもり感のあるひとたちばかりに見えました。

この地域の環境がいいのでしょうか。

寒かったけど暖かい公園でした。

※助手席で撮影です。






3 コメント ( 824 views )   |  固定URL   |   ( 3 / 527 )


<< <Back | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | Next> >>