つづけること 
Tuesday, February 22, 2011, 08:28 PM - 製品情報


松戸でやっている河津桜まつりです。

なんと第2回。第1回は気がつかなかった。

桜の木を植えるときからかんがえていただろうか。

せっせと準備してました。お年寄りばかりだったけど。

木に咲く花を観光資源にするには長い年月が必要ですね。

「第23回河津桜まつり」のころになればたいそうりっぱな木になって、

花も見事でしょう。

それもこれも、第1回があるから。当然といえば当然だけど。

まだ小さな桜のように、イベントもこじんまりしてるけど。

「第23回河津桜まつり」のころにはたいそうにぎわうイベントに成長

してるかもしれない。

そのときにはたぶん、いませっせと準備しているじいちゃん、

ばあちゃんたちはいないでしょう。

そう思うと、世代を超えてつづけることって未来と現在をつなげること

未来は時間をひとつずつはめ込んでつくるジグソーパネルのようです。

ただ出来上がりはだれにもわからないし、途中でかわってしまうこともある。

そんな思いがしました。




3 コメント ( 629 views )   |  固定URL   |   ( 2.9 / 429 )

頃合い 
Thursday, February 17, 2011, 06:08 PM - 製品情報




その昔、フタのない紙コップのコーヒーを運転しながら飲むのは

とても危険だった。なにが危険かというと「火傷・ヤケド」が

クチにもっていったとき、運悪く減速すると「ポチャッ」と意に反して、

クチ元めがけて津波のようにコーヒーが押し寄せる。

前方不注意の急ブレーキなんかじゃなく、ほんのちょっとの減速でも・・・

あまり飲んでなくてたっぷり量が残っているとなおさら。

その昔、テレビで外人が歩きながらコーヒー飲んでるのを見てかっこいいと思った。

「フタ付き」冷めにくい、こぼれない。

なんとすばらしいことかと感動したのに・・・。

あの小さな穴から飲むことがあんなに難しいとは。

フタがあるおかげで湯加減がわからない。いまどれくらい熱いのか。

おっかなびっくり飲むと。やっぱり「熱い」。

もう少し冷まそう。そして次に飲むとぬるい。

飲み頃を過ぎている。とはいえどうもフタ付きが好きで、

必ず買ってしまう。

その昔、「みごろたべごろ笑いごろ」という番組があったけど。

なんでも頃合い、しおどきを逃さないようにするのは難しい。

それはとても、とても大切なこと。

深谷の梅の見頃はまだみたいです。



3 コメント ( 636 views )   |  固定URL   |   ( 3 / 540 )

ひとり言 
Monday, February 14, 2011, 07:17 PM - 製品情報


先日、電車のなかで大きな声で会話している人たちがいるなぁ

と思ったら「ひとり言」。バスのなかでもよく出会うことがあります。

すごく自然、どう聞いても会話。ふたりの。でもひとり。

ひとり言には聞こえない「ひとり言」。

少し前、実家の公園でも見かけた。

目をつぶって聞いていると中華料理店の厨房でお前は手際が悪いと

説教している。

ふうにしか聞こえない。でもひとり。

病気だと思うけど。

楽しい場面を「ひとり言」で会話のように話している人には会ったことがない。

そーいえば、ぼくも楽しいときには「ひとり言」はいわない。たぶん。

そー考えると「ひとり言」ってなんだか悲しい。

通勤路の「河津桜」が咲きました。まけじと水仙も咲いてます。











3 コメント ( 560 views )   |  固定URL   |   ( 3 / 540 )

変ったのはどっち? 
Monday, February 7, 2011, 07:32 PM - 製品情報


浅草です。たまに木馬亭というところへ「でえく」という芝居を観に行きます。

落語のようなショートストーリーを毎回3〜4本やってます。

このときの1本は「心眼」というタイトルで、目の見えない人がある日、

目が見えるようになって逆に大切なものを見失ってしまいそうになったところで

目が覚める。実は夢だったというお話し。


特別な用事がないかぎり、できるだけ出掛けるようにしてます。

テレビでもよくやっている「ぶらり旅」の感覚を大切にしたいから。

「そーいえば、もう何年の行ってないなぁ」

なんて場所が増えていく一方なのはなんだか寂しい。

時が流れて風景が変っていく街にたたずむと、なんだか声が聞こえてきそうです。

「この街は変ってやしないよ。変ったのはキミじゃないかい」と。

確かにそうかもしれないなーなんて思ったりします。


2 コメント ( 696 views )   |  固定URL   |   ( 3.2 / 458 )

シュガータウン 
Wednesday, February 2, 2011, 06:24 PM - 製品情報


2〜3日だけ遊びに行くのなら雪は「深々」と心に舞い降りて旅情をかもすけど。

これは今年の写真ではありませんが・・・。

雪は台風や地震とちがって音もなくすべてのものを飲み込んでいく。

火山の爆発音も怖い。音がないというのも怖い。

自然って美しいけど恐ろしい。だから惹かれる? 紙一重のような気がします。


コメントを書く ( 544 views )   |  固定URL   |   ( 3 / 516 )


<< <Back | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | Next> >>