リクエスト 
Tuesday, February 26, 2013, 07:18 PM - 製品情報


昼間、車のラジオから聞こえてくる懐かしい曲。

この曲を聴くと、なんだか春をイメージしてしまう。

これを聞くと春を感じる。そんな1曲、みなさんにはありますか。

春に関係する歌詞がなくても。自分にしかわからない春との関係があると思う。

自分だけが感じる春のイメージがきっとあるはず。

例えば、食べ物の好みが、好きな理由がみなそれぞれなように。

今日は外出。車で走ってるとやたら「大勝軒」という名のラーメン屋さんを見かける。

「大勝軒」はかつて東池袋にあった有名なラーメン屋さん。

たくさんの弟子がいて、どんな弟子にも「のれん分け」を許したそうで。

だからチェーン店じゃないのにたくさん見かける。なかにはもぐりも

いそうだけど。100年くらい経つと、いまの「更科」「砂場」「やぶそば」

みたいな存在になるのかな。100年先になぜ「大勝軒」という名前の

ラーメン屋さんが多いのでしょう? なんてクイズになってたりして。

写真は松戸から見たスカイツリーです。
19 コメント ( 366 views )   |  固定URL   |   ( 3.1 / 232 )

車窓 
Monday, February 18, 2013, 08:12 PM - 製品情報


「世界の車窓から」という列車と駅、車窓からの景観、人だけにスポットをあてる

番組があります。そのうち「世界のサービスエリアから」なんてできたりして。

いやいや。船旅のほうが豪華で優雅という感じがするけど、お金や時間、

「海ばっか眺めてもなぁ」などと思ったりして。いまひとつ憧れの域を出ないけど、

列車の旅は気軽に楽しめる。けど。

さいきんなんでも2極化でえらい豪華なものが増えている。

北斗星なんてもんじゃなく。

今度、豪華列車で九州一周する豪華な旅が発売されるらしい。豪華の2段攻撃。

たしか100万円以上したと思う。アジアはもちろんヨーロッパのお金持ちも

ターゲットにしているそうで。

つい先日は名古屋の街中にSLを走らせる試みをしてました。

わたしの場合、母親に手をひかれ、家に車がなくて列車で母親や父親の

田舎へ帰っていたのがいまでも列車の旅に郷愁を感じる一因のような気がします。

一番高い駅弁にあこがれつつも、中の上くらいの弁当をねだり、

渡っていく鉄橋を指折り数えていました。小学校低学年にして

「立ち食いそば」デビュー。カウンターの高さと、

その美味さに感動したのもこのごろ。

そんな姿は普通、写真には残さない。そういえば、

写真に残されているのに、その前後をまったく覚えていないことが多い。

反対に写真なんかないのにはっきりと覚えていることがある。

不思議です。人の想い。気持ち、記憶なんて・・・。

雪ではないけれど、やっぱり列車も時間です。

車も時間ですけど。そこには目に見えるものでは計れない、

同じ時間なのに違う時間が流れています。
5 コメント ( 338 views )   |  固定URL   |   ( 3.2 / 299 )

DEPARTURES 
Tuesday, February 5, 2013, 07:44 PM - 製品情報


雪って時間と似ている。いつのまにか降り積もる。

時間がいつのまにか過ぎていくように。音もなく。

少しづつ確実に風景をかえていく。

時間も確実に過去っていく。過去ることを積み重ねていく。

突然起こることも、少しづつ変わっていたことに気つかないだけ。

なにげない毎日も、降り積もる雪のなかを歩いている感じ。

時間って雪に似ている。

時の流れに足を滑らすこともある。転ぶこともある。

また、関東に大雪の予報です。

車でも、歩きでもみなさんご注意ください。


1 コメント ( 344 views )   |  固定URL   |   ( 2.8 / 263 )

歴史は南からはじまる 
Tuesday, January 29, 2013, 06:03 PM - 製品情報


広島県は呉市の公園です。営業のOさん撮影。

瀬戸内海です。瀬戸内には尾道とか雰囲気のある街が多い気がします。

四国、広島あたりから東京と比べてもすべての輝きが違う感じ。

パソコンの修正で濃度と照度を上げた感じです。

呉というと造船所とか長州藩というイメージですけど。

広島といえば厳島。厳島といえば平清盛。

なんか歴史上の偉人って、その時代によって評価が違います。

去年の大河ドラマの平清盛もわたしがこどもの頃は

「驕る平家は久しからず」のイメージ。大河でははじめて武士の世をつくった

人、そして世界と貿易をしようとしたスケールの大きな考えがあった人。

として描かれてました。

人や物事、自分を見るときはできるだけ、3人の目で見たいもの。

自分の目と他人の目と第三者の目。3つあればいいでしょ。

机だって3本あれば倒れないんだから。

この写真を撮ってくれたOさんのカメラが壊れそうらしい。

いま、いろんな見方で新しいカメラを探そうとしてるみたいですけど。


10 コメント ( 377 views )   |  固定URL   |   ( 3.2 / 235 )

雪だより 
Monday, January 21, 2013, 08:56 PM - 製品情報


弘前から届いた雪だより。

当番で玄関の除雪しているのだそうです。

この日はフワフワの雪だったそうで。

写真を見てもふわふわ感がわかります。綿みたい。

なんか「ふわふわ」とひらがなのほうが雰囲気がでる気がします。

先日の雪程度であたふたしてたなんて。笑われそうです。

厳しい冬に負けない粘りと強さが製品に生かされてたりして・・・。

ついこのいあだ、テレビドラマがこの中村弘前の本社棟で撮影をしたらしい。

広さと設備のよさと・・・の良さで選ばれたのでしょうか。

社内からエキストラをだれが男前かで決めたらしい。

ということはないらしいけど。

これからピークです。

こちらで製品をしっかり受け止めますから。

よろしくお願いします。


8 コメント ( 381 views )   |  固定URL   |   ( 3.1 / 355 )


<< <Back | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | Next> >>