メタボ 
Monday, February 23, 2015, 06:42 PM - 製品情報


高校生の頃、映画かテレビの影響か、とにかく馬に乗ってみたくて、

2〜3回乗馬をしたことがある。

昔、九十九里の砂浜の入口に乗馬センターがあって、ちょっと慣れると波打ち際を

散歩させてくれた。

そこでは“たずな”の握り方って「ウエスタン」タイプとそうじゃないのと二通り

あるといって、「うちは、ウエスタンね」と言ったインストラクターは、当然のように

カウボーイハットをかぶってた。

写真のポニーは東武鉄道が経営している東武動物公園にある乗馬センターの宣伝です。

なにか「やってみたい!」ってことがあったら、とりあえずやってみたほうがいいみたい。

「どうしよう」みたいな時間がもったいない。「悩む」と「考える」って違う。

自分に都合のいいようにばっかり考えるのはやめて。

ただ「やってみる」。そんなことも歳を重ねるとおっくうになる。

そんなこんなって「心のメタボ」みたいだと、ふと思う。

「メタボ」や「成人病」の症状、動脈硬化は、思考が硬くなる。みたいに、

脳や気持ちに置き換えても、なんだか。ぴったりくる。

「心がメタボ」の人って意外と多い気がする。

ほっておくと、たいへんです。自覚症状ありませんか。


39 コメント ( 246 views )   |  固定URL   |   ( 3.1 / 200 )

さよなら?レボルーション 
Thursday, February 12, 2015, 06:28 PM - 製品情報


会社の通勤路が春めいてきました。

河津桜のつぼみが膨らんできてます。少しピンクがかって。

モクレンのつぼみも膨らんでます。つぼみのときには毛が生えてるんですね。

さいきん、ロトシックスでもし10億円当たったらどする?って話しになった。

考えたらここ何年もそんな話しはしていないし、あまり考えたこともない。

どっちにしても、歳を重ねるにつれ「もし〜」というフレーズ自体、

あまり使わない気がする。「もし〜」ってそのあとの内容でポジティブにも

ネガティブにもなるのにね。

福祉に寄付や、ビルを建てる。そんなことをすれば10億円だってすぐに

無くすことができるけれど。

昔だったら、ポルシェを買う!とかって思ったけれど。いまは「軽」でいい。

運転楽だし。みたいな感じ。

貧乏性というか、なんというか。あまりにたくさんのお金を前にすると、

想像しただけで茫然としてしまうらしい。

「お金」は大切さ。とは思うけれど。ここまで歳を重ねてきて、

やっぱりお金だけじゃないのね。と思う。お金いがいのものがなんなのかは、

よくわからないけど。さいきん、本田宗一郎さんがテレビで取り上げられていたけれど。

目的を「お金」にしていない人がより大成しているなぁ。みたいな。

佐野元春の歌のフレーズで「つまらないおとなにはなりたくない」というのが

あったけれど。その歌をよく口ずさんでいたころの遠い日の自分が、

いまの自分に、

「おい、いくつになったらなにがつまらないことなのか、はっきりするんだ?」

って問いかけている気がする。そんな風の強い日でした。


111 コメント ( 581 views )   |  固定URL   |   ( 2.9 / 206 )

ニャンとも 
Tuesday, February 3, 2015, 06:00 PM - 製品情報


今朝、通勤路にある料亭の庭をちらっと見たら、ネコと目が合って。

「なんだよ」って言ってるみたいだったので、ご機嫌をなおしてもらおうと

思って。撮らせてもらいました。通勤路に子猫が多くいる場所があって、

あまりのかわいさに、一時、煮干しを持ち歩いていたことがあって。

その場所に通り掛かって。立ち止まって。姿が見えなくても、

ビニール袋をガサガサするとあっち、こっちから、なんだ、なんだと集まってきます。

当然、いつも最初にやってくるやつは太ってます。食い意地がはってる(笑)

ビビッて寄ってこないやつもいます。いろんなネコがいる。人間といっしょ。

ところが、さいきんその場所に通り掛かってガサガサしても現れない。

ほかの人に餌をもらって満腹なのか、「おい、煮干しはあきたぞ」と思ってるのか。

食事の時間に合わないのか。みんな大きくなって旅に出てしまったのか…

今年の大河ドラマ、吉田松陰が出てます。考えてるだけで行動しなかったらだめじゃん。

を貫きとおした人で。その人の塾に通った人もその教えを守って維新前にほとんど

この世を去ってしまいました。残ったのは、あんまり行動しなかった木戸孝允さん。とか、

それなりに行動したけど、先輩から倒れていったので結果、残った伊藤博文さん。とか。

そんななかで今年の大河ドラマに、近いうち登場する高杉晋作さんがいちばん、

動きまわった。見習いたいものです。

伊藤博文さんは、高杉さんのパシリだったみたいで、維新後、伊藤さんは、

高杉さんの石碑に「動けば雷電の如く、発すれば風雨の如し」と記しています。

高杉さんの有名な辞世の句「おもしろきこともなき世を、おもしろく
                        住みなすものは心なりけり」

下の句は他の人が書いたらしいですけど。

「心の持ち方次第」みたいな意味らしい。

なんだ、かんだと立春です。けど。

繁忙期もピークです。体調に気をつけてください。吹雪にも。
コメントを書く ( 217 views )   |  固定URL   |   ( 3 / 189 )

遠い旅路 
Monday, January 26, 2015, 07:07 PM - 製品情報


同じ空間で、同じ時間を、同じような目的で、同じような想いで過ごす。

出合いって大切で。大切にしないとちゃんとした出合いじゃなくなる。

すれ違っただけみたいなことにもなるし。

そこに偶然という魔法がかかって。

偶然って考えてみると不思議な言葉(現象)じゃないですか。

ぴったりはまるジグゾーパズルをつかんだみたいな感じ。

出合いの数がしあわせと比例するわけじゃないけれど。

多ければいいというわけじゃなく。

出合いは旅のようなものだと、

さいきん。あらためて思いました。

写真は関空です。空港は一日ぼんやり佇んいても飽きません。

どうしてだか。


4 コメント ( 303 views )   |  固定URL   |   ( 3 / 262 )

つづく 
Wednesday, January 14, 2015, 07:05 PM - 製品情報


さいきん、マフラーを買おうと、お店でひろげるとやたらと「大きい」

ストールというそうな。また違う店でひろげると、今度はリング状になっている。

マフラー探しはつづく。

写真のようなコーヒーの飲み口。あまりに小さく、冷めない。

おそる、おそる飲もうとしてカップを傾けても、なかなか口に入らない。

さいごに、えいっと傾けると「アチチ」とやけどする。

かといって飲むのを少しためらっているとおいしい時を逃してしまう。

それでも、ふたなしよりも飲みやすい。自動車の運転なんかしながらだと、

ふたがないと、ちょっとのことでこぼれる。口にざばっとくる。

コーヒーへのチャレンジもつづく。

スランスでの出来事で自由がクローズアップされているけれど。

自由の意味がこんなに複雑?、難しい?、奥深い?ものだとはおもわなかった。

ほかにも、同じように思い込んでいて、一方通行でしか考えてないことって

たくさんある気がしてきた。

とくにポジティブそうな言葉ほど要注意な気がする。

「楽しい」とか「しあわせ」とか「前向きとか」。

そんなこと、いちいち考えていられるか。とも思うけれど。

ただ、知らず知らずのうちに自分の価値観で、その言葉、その一般的な意味を、

他のひとにあてはめようとしまいがち。

そんなことを考えていると、またコーヒーでやけどしそうです。


13 コメント ( 284 views )   |  固定URL   |   ( 3 / 317 )


<< <Back | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | Next> >>