春もみじ 
Wednesday, April 30, 2008, 12:38 AM - 製品情報
春もみじという言葉があるのを知ってますか。

私は数年前にJRの駅貼りポスターではじめて知りました。

青森県のキャンペーンポスターだったと思います。

木々が芽吹いて葉として成長するまでの少しの時間、芽は赤や黄や茶などの色が付いていて

それが緑のなかに点在すると、その風景がさながらもみじ(紅葉)のようだ

ということらしいです。

特に東北では、春になると山々の木々がいっせいに芽吹くので、見事だとJRのポスター

には書いてあったと思います。

次々と新しい切り口を探し出し、新しい旅の魅力を伝える。私も見習いたいとこです。

写真は桶川市の城山公園です。

木々の緑も光の関係でいろんなふうに見えたり、色もさまざまだったり、

道ばたに咲いている小さな花がとてもかわいい色やカタチだったり・・・

最近の新しい発見です。

下の写真はちょっぴり春もみじというところでしょうか。









28 コメント ( 11471 views )   |  固定URL   |   ( 3 / 874 )

Open 
Wednesday, April 23, 2008, 10:58 PM - 製品情報
オープンカーに乗ったことはありますか。

風を感じます。視界がひろがります。ときには気持ちが開放されます。

気持ちいいです。バイクはもっと気持ちいいんだろうなと思います。

日本は四季があるので屋根をオープンにして快適に走れる期間はごくわずかです。

このかわいい車はコペンといいます。弾劾の世代の人たちをはじめ、オープンカーに

乗りたい。というたくさんの人たちの夢をかなえてきた、隠れたヒット商品です。

運転しているのはナカムラの社員。快適大好き、設計室のi氏。

まぎれもないオープンスペースクリエーターのひとりです。



中村製作所では80年代から90年代初頭までオールオープンスペースという

言葉をよくつかっていました。(いまでもつかってます)

写真は1986年に発行されたカタログの巻頭頁です。

以下のようなコピーが書かれていました(抜粋)。


散歩にちょっと疲れたおばあさんが腰をおろす。

まわりの風景を眺めながら息をととのえる。例えばベンチは、

たったそれだけの行為を助ける道具です。大げさなところもなく。〜

〜私たちナカムラは、自分たちの仕事の大切さをかみ締めます・・・


いろいろとめまぐるしく変わる世の中ですが、

いまも変わらずこの思いは受け継がれています。








2 コメント ( 1127 views )   |  固定URL   |   ( 3 / 860 )

街路樹 
Monday, April 21, 2008, 12:47 PM - 製品情報
最近歩道がひろくなってます。新しくできる街や、道路の拡張工事のあとなどでは

歩行者を余裕で除けて自転車が快適に走っている光景を目にすることが多いです。

車の多いところは空気が悪いけど、車が少ないところなら道路そのものを快適な散歩

コースのように仕立てれば、近所に土手や公園がなくても運動できるから、特にお年

寄りには便利だと思う。そのさい、ちょっと腰掛けるものと街路樹は絶対必要な気が

します。腰掛けるものは、何気ないものがいいときもあって、例えばこんなスツール

だったら、ちょこんと佇んでいてくれる。



あとは日よけと、清々しさの演出。これから、いろいろと考えられると思うけど、ま

ずは街路樹におまかせ。街によっていろいろな種類があるが、

ハナミズキは私が子どもの頃にはなかったと思う。気付かなかっただけかなとも思う

けど。年齢とともに、いい感じ。と思うことが強くなっている。

どうだぁー咲いたゾぉーおめでとうございますぅーという感じのさくらとは違って、

そそとしている感じかする。そそ。楚楚。意味としてなんとなくわかっている気で書

いたけど、最近辞書で引くことにしてます。意味は清らかで美しく、可憐なさま。

例文として ーとした娘。と出てました。例文は個人差がでるとこです。






1 コメント ( 1238 views )   |  固定URL   |   ( 3 / 874 )

雨の物語 
Friday, April 18, 2008, 05:57 PM - 製品情報
子どもの頃は雨の日がきらい。でもぬれながら遊ぶのは平気だった。

いまはぬれるのはいやだけれど、雨の日もいいなと思う。

年齢とともに変わるのは食べものの好みだけじゃないらしい。

これだけ文明が発達しても昔から雨の日は傘を利用するしかない。片手がふさがり、

風が吹けばぬれる。カッパも役に立たないし。雨の日グッズは進歩がない。

いつか身体を包む薄くて透明なフィルターのような

もので雨を防ぐようなものができないものか、などと思う。

カタログに掲載する写真も晴れの日だけじゃなく、雨の日や、朝早い時間などのシー

ンも掲載したほうがいろんな表情の製品に出会えるかもしれない。


中国では人工降雨が頻繁に行われているらしい。

雲にむけて打ち上げたロケットからヨウ化銀や二酸化炭素などの物質を放出させ、

これらの物質を核にして水滴が形成されやすくなる。という仕組みだそうです。

テレビでは人工降雨の天気予報があるほど。

北京オリンピック開幕の頃は雨が多いときらしく、前もって人工降雨で雨を降らせて

しまおうと計画してるらしい。開幕日はなにがなんでも晴れにする。

中国はすごい。


3 コメント ( 1244 views )   |  固定URL   |   ( 3 / 1009 )

ダンス ダンス ダンス 
Thursday, April 17, 2008, 04:02 PM - 製品情報
やわらかい木漏れ日のシャワーを浴びながら、

子どもたちはステップを刻むように遊んでいました。

どうやら下校途中らしく右下にはランドセルが見えます。


かつて遊具は明るい色彩のものが主流で、木製遊具は

耐久性が低いと言われてきました。

写真のコンビネーション遊具ネイチャービルダーは、アースカラーを基調にした落ち

着いた配色と、デッキに使われるほど耐久性の高いハードウッドのジャラを木材に

採用。ジャラは薬剤による防腐処理も不要で子どもたちが天然木のぬくもりに安心し

て触れることができる仕様です。

色彩、素材・・・さまざまな面で遊具の可能性をひろげた

ネイチャービルダーです。



駆け抜けていった春が青森県に到着したもようです

中村製作所のグループ会社で製造拠点でもある中村弘前株式会社からさくらの便りが

届きました。これからこころ踊る季節です。

さすがにツボをおさえたアングルです。

東京ではJRがこのアングルでお堀がピンク色に染まった写真を

駅張りポスターにしてました。

今年はさくらの開花が早く、ゴールデンウィークまで花が

もたないようです。


青森・弘前への旅行を計画している方へ。

友人がいるからじゃありませんが、さくらがなくても、弘前は素敵なところですよ。







4 コメント ( 1262 views )   |  固定URL   |   ( 3 / 833 )


<< <Back | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | Next> >>