ありがとう 
Tuesday, April 26, 2011, 05:42 PM - 製品情報


配送センターにいるSちゃん。汗っかきでまっすぐな性格で、おかしいと思った

ことには「それおかしいですよ」ときちんと言う。たよりになるお方。

ナカムラでは複合遊具を仮組みしてます。現場でのスムースな組み立てと、

製品のチェックということで。

複合遊具は大型のものがあったり、さまざまな組み合わせのものあったりして

限られたスベースでの仮組みはたいへんな作業です。

そして、さいきんのモデルでたまに見られるのが高さのある遊具。

写真のすべり台は高さ3.6m。

この遊具の仮組みをしたのがSちゃんらしい。

ところがSちゃんは高いところがとても苦手だったらしい。

「高いとこ苦手じゃない人がやればいいじゃん」

という声が聞こえてきそうですけど当日の仮組みメンバーの

やりくりや状況で仕方がなかったんだと思う。

仮組み番長のI君が。「Sちゃんさん高いとこ苦手なのにがんばってた。」と

言ってました。



そんなだれかのがんばりがあちこちであって繁忙期を越えていきます。

「日本はひとつのチームなんです」とACのCMでサッカー選手が言ってますけど。

営業がフォワード、設計と企画がミッドフィルダー、

仕入や業務や国際や総務や配送がディフェンスって感じ。

会社もひとつのチーム。年中じゃないけどみんな気持ちの奥でそう感じてます。きっと。

たまに「まったく」なんて文句を言ってても。


10 コメント ( 554 views )   |  固定URL   |   ( 3 / 481 )

変わろうとする強さと、変わらない強さを 
Wednesday, April 20, 2011, 08:24 PM - 製品情報
春の現場写真がたくさん集まりました。

なんだか最近、春の花もいいけど、それと同じかそれ以上に

新緑が美しく思えるのは歳のせいだろうか・・・。

復興支援でさまざまなアーティストがチャリティー活動を表明しています。

そんななかでも松任谷由実さんは

「変わることを恐れない強さと、変わってはいけないことを守る強さを。」

というスローガンのような、新しいアルバムのキャッチコピーのような

言葉を添えていました。売り方、表現は相変わらずお上手。

単に「がんばろう」いう言葉じゃなくて、

不変の感覚でわかりやすく、骨太なフレーズ。さすがです。










10 コメント ( 600 views )   |  固定URL   |   ( 3 / 480 )

季節 
Monday, April 11, 2011, 08:09 PM - 製品情報


東京墨田区 錦糸公園



上野動物園



中村製作所 玄関エントランス

中村弘前から届いた桜の枝。弘前城の桜です。見事に花が咲きました。

定期券を買うのに列ができていたり、

ラッシュアワーで新しい高校生がとまどった顔をしていたり・・・。

何気ない毎日のなかで季節はいつもひとり、ひとりに

やってきては、通り過ぎていく。

真新しいランドセルをしょった小学生がまったくクルマの

通らない交差点で信号が青になるのをじっと待っている。

たまにテレビとかで「子どもに教わることがあります」

と言ってるのを聞くけれど。

そうするとおとなってなんだろうとか、成長ってなんだろうと

考えてしまうことがある。

覚えることと引き換えに忘れてしまうことがあって。

忘れたいのに忘れられないこと。忘れてはいけないのに忘れてしまうこと。

なんか表裏のようで。楽しいことも悲しいこと。

人間にもバックスペースキーがあったらと思うことがあったりして。

でも、どちらかというとあるのはエンターキー。

ただ、エンターキーで改行しても空白だけを増やすことはしたくない。

季節は変らずあの頃と同じ。だから季節をきちんと感じることができれば、

なにか大切なことを忘れずにいられるような気がする。花粉症とかじゃなく。



今年の桜と入学式がぴったり合いました。

ここ数年、3月中に満開になってしまう。

やっぱり入学式と桜はセットがいい。
1 コメント ( 1640 views )   |  固定URL   |   ( 3 / 463 )

糸井重里というひと 
Monday, April 4, 2011, 07:28 PM - 製品情報


ここは鎌倉にあるお寺の名前が付いた公園です。

ひとつだけ野外卓があります。

なんだか景色をひとり占めできそう。

早起きしてぽつんと腰掛けたら、タイムマシーンに乗った

ようにいろんな思いが駆け巡りそうです。。

花って名所じゃなくて、町外れの道とか、

電車から見る風景とか、はじめて出かけた場所とか・・・。

そんなシーンが意外とこころに残ったりする。

ブルータスというマガジンハウスが出している雑誌があって、

今回は糸井重里さんの特集。知ってる人は知っている。

その昔はコピーライターという仕事で天才と呼ばれていた方。

なんでコピーライターをやめたかという話しのくだりがあって、

いくつか理由があったそうなんですけど、そのひとつは

売ろうとする製品に魂がこもってないことが多くなったからだそーです。

気持ちのこもっていない製品を売るための広告をつくる自信がなくなったというか、

たとえば自分の子どもについて親ならいろんなことが話せるでしょ。

と言ってました。なんとなく売れそうだからつくりました。

みたいなものが多いらしい。

いまは機能ばかりに目が行き過ぎる。ものってそれだけじゃない 

とも話しています。だから糸井さんは自分で物づくりから深く携わって

納得できるものをつくり、物販で飯を食ってる。

いろいろと考えさせられる一冊でした。

糸井さんに興味のある方は

ほぼ日刊イトイ新聞 で検索してみてください。


6 コメント ( 574 views )   |  固定URL   |   ( 3 / 382 )

スプリングコート 
Friday, April 1, 2011, 07:23 PM - 製品情報


クルマ通勤の方はさほど気にならないかもしれない。

けれど徒歩、電車通勤の場合、この時期なにを着て行こうか悩む。

おしゃれで悩むわけじゃなく、第一は寒暖の差。

朝夕寒いので冬物なんか着込むと日中は暑い。

んじゃ、朝夕は少し我慢だと、男らしく冬物を脱ぎ捨てて出かけると

想像以上に夜が寒かったりして後悔する。

そんな寒暖の差が大きい春先に活躍するのがスプリングコート。

たったひと月ぐらいしか着れないかもしれない。

どれだけ着まわせることができるかで選ぶと、とても買えない。

でもデパートなんかで明るい色彩の薄くて軽いロングのスプリングコート

なんか見るととても春を感じます。



本当に言いたいのはスプリングコートのことじゃなく、

寒暖差の大きいこの時期に体調を崩さないよう気をつけてということ。

ご自愛ください。


写真は馬場先公園です。大人気です。


3 コメント ( 562 views )   |  固定URL   |   ( 3.1 / 489 )


<< <Back | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | Next> >>