今だから 
Wednesday, July 24, 2013, 05:35 PM - 製品情報


いまから20年以上まえ、国立競技場で当時人気のアーチストが

レコード会社の枠をとっぱらってライブを行ったことがあって。

そんな昔のことも、ひまな人が、いや親切な人がユーチューブに

アップしてくれる。

なかでも小田和正・松任谷由実・財津和夫の3人で「今だから」と

いう作品をリリースしたのにはびっくり。アレンジは坂本龍一。

音楽に興味がない人には「ふーん」という感じでしょうが。

「今だから」の歌詞にとてもせつない思いがよみがえる。

「今だから」というフレーズ自体が反則。そのあとにはどんな

思いでも綴れそうだもの。

なるべく「今だから」という思いをしないようにしたいです。

写真は尾瀬です。元気に行ってきました。


3 コメント ( 317 views )   |  固定URL   |   ( 3 / 227 )

小さなこだわり 
Friday, June 14, 2013, 07:15 PM - 製品情報


ほとんど車が通らない横断歩道で、子どもが信号を守っている場面に遭遇したとき、

どんなに急いでるときでも、立ち止まって信号が青になるのをいっしょに待ちます。

子どもにサンタクロースの種明かしをしないような。

なんとなく子どもにしてはしてはいけないこと。そんな感じ。些細なことだけど。

とくにぴかぴかの一年生は信号を守ります。

お母さんがほんとうに交通事故を心配して「信号を守らなくてはいけませんよ」と

言ってる姿が目に浮かんでしまう。(たぶん)

それを律儀に守ってる子ども。(たぶん)

律義ではない自分に対するいましめみたいな気もするけど・・・。

なんだか。信号無視できません。

ほとんど車の通らない横断歩道でも。
6 コメント ( 458 views )   |  固定URL   |   ( 3 / 251 )

なにもわかってないかも・・・という仮説 
Thursday, June 6, 2013, 09:09 PM - 製品情報


天気予報、経済、地震予知。予測のだいたいが統計学から導き出されてる感じ。

記録をつけ始めて以来最速だとか、こんなことは何十年ぶりだとか。

さいきん天気にしても、地震のことについて実はなーんにもわかってないん

じゃないの本当は。と思ってしまう。

99.9%解き明かされていることでも、残りの0.1%に大事なことが隠されてて、

そこがわからなければ、まったくわかってないのと同じということだって

きっとある気がする。検証が不可能なら仮説は憶測になるし・・・。

お天気のことだって、お友達のことだって、家族のことだって・・・。

疑うんじゃなくて、自分はほんとうにわかってるのかな。と

ほんとうはなにもわかってないんじゃないかという仮説を立てて考えてみると、

意外と視野が開ける。そんな気がします。


5 コメント ( 336 views )   |  固定URL   |   ( 3.2 / 162 )

そゆぅどんはぁーふとぅーうぉーり、うぉーりー。 
Wednesday, May 29, 2013, 08:32 PM - 製品情報


少しグラグラする橋を渡ろうとしています。ドキドキ。

さいきん、「がんばれ」とか「やさしい」とか、そんな類の言葉が

使えません。「がんばれ」はけっこうつかわない人がいるみたいで、

たまにテレビなどでも「もう、がんばってる人に対して無責任」

とか、その理由を話してました。

シンプルな言葉ほど実はその言葉に対して人それぞれ解釈の仕方が

いろいろありすぎて。結局、伝えたいことがあいまいになってしまう気がして。

昔、キャノンのカメラの広告で「ピースをやめたらみんなの表情がゆたかになった」

みたいなコピーで子ども達が手を上げたり、自分の耳をひっぱったりと「ピース」

以外のポーズをしている広告がありました。その広告を見て以来、僕も子ども達の写真

を撮るときにはには「ピースはしないで」とお願いしてます。

だから言葉でも「がんばれ」ではなく似たような意味の言葉を探して

伝えたいと思うこの頃。

「ベストを尽くしてね」とか「あきらめないでね」とか「怖くないよ」みたいな。

子どもが渡っている姿をみて、そんなことを考えてしまいました。
6 コメント ( 378 views )   |  固定URL   |   ( 3 / 295 )

ひきぎわ 
Wednesday, May 22, 2013, 08:56 PM - 製品情報


はじめの一歩も勇気がいるけど。歩みを止めるのも勇気がいる。

引き返すことはもっと勇気がいる。

さいきん有名なサッカー選手が引退しました。惜しまれながら。

ずっとお世話になっていた美容師さんが、突然、引退してしまいました。

重度の腱鞘炎だそうです。美容師さんの手元を見ていると、

いろんな角度に手首を曲げてカットしてます。

ごまかしながら、続けられたかもしれない。

けれど、彼は自分の思い描いたカットができない。と引退を決意したそーです。

そのときの思い、葛藤は本人にしかわかりません。

自分の思い描いたカットができなくなっても美容師を続けている人もいるでしょう。

引退。世代交代。一線を退く。撤退。それは、どんな世界でもやってくる。

自分で決める。他人に決められる。状況はいろいろあるかもしれないけど。

歩き続ける。止まる。引き返す。どんな歩みにしても終わりではないので、

次の道にうまくたどり着ける歩みを選択できればいいなと思う。



水田の風景って好きです。空や雲が映る昼。街が湖面に浮いたように見える夜。

田んぼってけっこう季節感を楽しませてくれる。

もれなくカエルの大合唱も鑑賞できるし・・・。


5 コメント ( 384 views )   |  固定URL   |   ( 3.1 / 214 )


<< <Back | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | Next> >>