おおきくなったら 
Friday, July 24, 2015, 06:07 PM - 製品情報


またまた日本人宇宙飛行士の誕生です。

なんだか、たいした人物になると必ずといっていいほど、

小学校のころの「将来の夢」的な作文が登場するのがおなじみになってる。

あの頃の夢が実現したんですね。みたいな。

たまには「将来、パン屋さんになりたい。」から宇宙飛行士になる。

そういう人が出てこないかな。

「夢はあきらめなければいつか叶う」っていう人と、そんなことはない、

学生にも現実を教えろっていう人がいる。

両方とも正しい。夢をあきらめないで歳をとる人。あきらめて方向転換する人。

どちらがしあわせ?。それは本人しかわからない。

どっちにしてもいろんなアドバイスをしてくれる人も、自分のこれまでを規準に

しているわけだし。いつだって、なんだって決めるのは自分。

それだけは間違いない。ときに夢を追い続けることが賞賛されるけれど、

夢をあきらめるという決断だってすごいことでしょう。

小学生の頃、想い描いた夢。みんなこころのタンスの奥のほうに

しまってあるんだと思う。お気に入りだったのに、

ひっぱりだしても小さくなってたり、

破れてたり、汚れてたりして着れなくなった洋服みたいに。


1 コメント ( 252 views )   |  固定URL   |   ( 3 / 430 )

ひきぎわ 
Thursday, July 16, 2015, 06:51 PM - 製品情報


先日、上杉謙信はなぜ合戦が強かったのか。というNHK-BS

の番組を見た。攻めが上手いのは当然。

だけど引き際も見事だったらしい。だから負けない。

引くことは負けじゃない。

「突っ込め」はだれでもいえる。けれど「引け」はなかなか言えない。

タイミングも難しい。自分の考えが正しいと思い込む。自分の間違えを認めるのもいやだ…。

大企業だって製品を投入しても、それが時代に合わなかった場合は売れない。

撤退の時期を間違えると傷が大きくなる。

世の中にはあきらめずにやり続けたから成功した。っていう話しも確かに多い。

そんな人たちだってただ同じことを続けていたわけじゃない。きっと。

一端、引いていろいろ工夫してやり直したはず。

引くことはあきらめることじゃない。

つい喧嘩になりそうなときとか、いろいろな場面でも。新国立競技場だって…。

引き際って大切。

写真は埼玉県のしらこばと水上公園です。





3 コメント ( 378 views )   |  固定URL   |   ( 3 / 424 )

あのひとはそこにはいない 
Friday, July 10, 2015, 05:28 PM - 製品情報


写真はもみじの種だそうです。はじめて見た。

昔からあったらしいけれど、さいきんお墓まいりの代行が増えつつあるらしい。

値段もサービスも多様化してるみたいで。このさき、さらに増えるだろうか。

お盆や命日にどうしても行けない場合はたしかにあるなぁとは思うけど。

海外勤務の人とか。

そんなサービスを利用するひとの気持。わからないでもないけれど…。

通勤電車沿いにある墓地は、田んぼのまんなかにあって、となりは鉄くずの集積所。

なんか、とても変な感じがします。

日本の墓石は高さがあるので雰囲気が暗くなりやすい。

だから、これからは海外みたいに背の低いものにしていくとか聞いたことがある。

下の写真は広島県呉市の写真です。合成みたい。びっくり。

2枚とも営業のOさんから頂きました。


2 コメント ( 353 views )   |  固定URL   |   ( 3 / 440 )

おしゃか様でも気がつくめぇ 
Thursday, July 2, 2015, 07:11 PM - 製品情報


むかしはふたに付いたヨーグルトをスプーンでなぞって食べてました。

いつの頃からか、ふたに付いてない。もうご存知のかたもおおいのかもしれませんが、

ヨーグルトのメーカーからふたにつかないようにできない?

と要望があって、ふたのメーカーの開発者が悩みに悩んで頭を抱えていたある日、

ハスの葉のうえを水がころころと流れているのを見たそうで。

そこではっと思い、ハスの葉を研究したら小さな凹凸があったらしい。ものすごく小さな。

その原理をふたに応用したそうです。

そういえば、ごはんのしゃもじも凹凸があるやつはごはんがつきにくい。

発想のヒントって身近にあるんだけれど必要にせまられているかどうかで、

見えるもの、感じることがちがってくる。

だからといって凡人だと、いつも見ようとしてたり、感じようとしていても

だめな気がします。ましてやいつも必要にせまられてるのもいやだし。

無の境地?あるがままの気持ち?悩みの深さ?偶然?…。

一度でいいから大発見してみたいもんです。


3 コメント ( 407 views )   |  固定URL   |   ( 3 / 438 )

ねがい 
Wednesday, June 24, 2015, 05:44 PM - 製品情報


松戸の駅に笹と短冊で七夕気分を演出してます。

つい他人の願い事を見てしまいました。

「しあわせになれますように」「〜に合格しますように」みたいな

のが多いなかでこれが身近で切実でいちばんかわいかった。

補助輪からの卒業って、ほとんどの子どもが経験する第一がんばりどころかもしれない。

ぼくも練習しました。うしろを押してもらって。

あの感覚はいまでもなんとなく覚えている。

こどもみたいに「しあわせ」なんて、内容があいまいな単語なんか知らないときのほうが

しあわせだったりして。とちょっと考えちゃいました。

同じような日々の繰り返し。いまだったら短冊になんて書こうかな。

「宝くじが当たりますように」。

あ〜。なんて煩悩の塊なんだろう。「宝くじ」なんて言葉も知らないほうがよかった(笑)


12 コメント ( 422 views )   |  固定URL   |   ( 3 / 446 )


<< <Back | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | Next> >>