秋の夜長に・・・ 
Wednesday, September 29, 2010, 05:18 PM - 製品情報


子どものころブロックでいろいろなもを創るのが好きでした。

写真はロボットのつもり。でもこれはただのブロックじゃーありません。

とても小さいんです。ふらっと入ったソニープラザで見つけた。

2〜3日後、このブロックのことが新聞に出てました。

2年ぐらい前に発売。高校生から30代までの女性に人気があるらしい。

だから、ソニープラザにあったんですね。かなり売れたらしいです。

メーカの人いわく。昔もミニサイズのブロックの製品化を考えたことがあったけど、

ミニサイズできちっと組み合うような精度のものが技術的にできなかったそうで。

んで、その技術が確立できたので発売となったらしい。



オウムとかコアラのパッケージだったんですけど。そのとおりには創らない。

好き勝手に造形するのが楽しい。

写真のひとパックで700円とちょっと。値段も絶妙。

今度はベンチをつくってみよっと。

いい頭の体操になります。


43 コメント ( 980 views )   |  固定URL   |   ( 2.9 / 451 )

浦島太郎 
Wednesday, September 22, 2010, 09:30 PM - 製品情報


浦島太郎はおとぎ話しの世界だけかと思ったら、

最近、あちこちで自分が浦島太郎状態になってしまう。

「あれ、まえはここ、こんなんだっけ・・・」ただし、

まえになにがあったのか。肝心のところが思い出せない。

建設技術が向上して、あっという間に新しい、そして見た目にはものすごく

洒落たものが出来上がる。お台場なんか、場所としては洒落てるけど、

建物、そしてなかに入っているテナントも魅力がない。

松戸の駅から歩いて会社に向かう途中、おもしろい告知板を見ました。

松戸は歴史のある宿場町で・・・ようはまちの活性化というお話しで。

松戸駅付近の閉まっている商店を一ヶ月くらい貸します。ということでした。

アートでもなんでもしてください。みたいな感じで。

やっぱり、まちの魅力って人が創りだすもので、たとえば

いくら人気の店を誘致しても、それだけじゃ続かない。スクラップアンドビルトが

すべて良くないとは思わないけど。

あたらしくつくるまちもどこかは何十年、何百年後も残ってほしい。

フランスとかロンドンとまでいかないまでも、

熟成していくまちになってほしい。

歴史あるもののまえでは、ときに新しいものはその引き立て役にしか

ならないことがある。

目には見えないけれど積み重なっていくものが確かにある。

そんな気がします。

写真のベンチの座面はコーリアンという人工大理石製です。

熱伝導率も低く、熱くも、冷たくもなりにくい。

よくキッチンまわりに使われているやつです。

滑りやすいこともなく、腰掛けたときも硬さは感じません。

一日の光の移ろいと色彩も映します。新しいまちに新しいベンチ。

まちづくりをお考えのみなさん。いかがでしょうか。








26 コメント ( 1899 views )   |  固定URL   |   ( 3 / 537 )

水の影 
Wednesday, September 15, 2010, 07:26 PM - 製品情報


橋のある風景ってなんだか絵になります。

橋のまわりは、ものがなくてすっきりしているし。

川って時にたとえられることが多い。

あの世との境を三途の川と表現する。その川の向こうに時は流れていない。

昔の曲で「時は川 昨日は岸辺 人はみなゴンドラに乗り 

     いつか離れて想い出に手をふるの」

という歌詞を思いだします。

人は心のなかに、なんとなく川に対して特別な想いがあるのかもしれない。


ようやく涼しくなってきました。

昨日の夜の帰り路、昼間の暑さに合わせたのであろう薄着の人が

クシャミしてました。季節の変わりめ、体調に気をつけてください。


14 コメント ( 842 views )   |  固定URL   |   ( 3.1 / 530 )

祭りばやしが聞こえる 
Wednesday, September 8, 2010, 06:44 PM - 製品情報


今ではテキヤさんも片身がせまくなって、

公園とかの盆踊りには不在のことが多い。

どっこい神社の境内はちがう。いまでもちゃんとお目見えする。

やがてはじまる「トントコトン」と小太鼓の音に子どもの頃、ワクワクした。

大人になってからアジアで、いろんな出店のある通りを「おもしろいなー」

「美味そうだなー」とか言いながらよくフラついた。そのときこの感覚、

以前どっかで・・・そうだ「まるで縁日みたいだ」と思ったことがある。

アジアは毎日が縁日のように活気がある。

日本の商店街も昔はそうだったのに・・・。

遠くに聞こえる「トントコトン」という音色に、いまは郷愁を感じる。


7 コメント ( 814 views )   |  固定URL   |   ( 3 / 598 )

安全は足元から 
Monday, September 6, 2010, 08:09 PM - 製品情報


昔はこんなふうにコンクリートむき出しの遊具が多かった。

いまではありえません。

つまずく、転ぶはこどもの得意技のびとつです。

昔の遊具も、まったくダメなものはリニューアルとかするにしても、

上物がよくて足元がコンクリートむき出しというのは、なんともよくない

安全面でよくない。

そんなときにはこの写真のような処置がいい。

ゴムを被せちゃう。いろんな色があるので遊具と

コーディネートしてもかわいいかも。

「お洒落は足元から」「足元を固める」とかいうけど。

隙間の寸法とかの安全規準は、勉強しないとわからないけど、

コンクリートむき出しは誰でもわかる。

遊具も足元が大事。今度、公園に行ったら遊具の足元を見てみてください。


3 コメント ( 1413 views )   |  固定URL   |   ( 2.9 / 635 )


<< <Back | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | Next> >>