大人になっても 
Friday, October 31, 2008, 05:11 PM - 製品情報
私はとにかく本屋さんが好きです。

少し時間ができると、どこにいても本屋さんがあれば立ち寄ります。

置いてある本の種類が本屋さんごとで結構違うのでなにかしらの発見があります。

時間があれば、売り場全部をひととおり見て歩きます。

女性誌から生活誌、新刊、パソコン関係・・・等々。

そんなとき、以外と考えさせられたり、楽しめるのが絵本売り場です。

ここのところおもしろいと思うのが、ポプラ社から出ている

「ティラノサウルス」という絵本で「おまえうまそうだな」とか



「おれはティラノサウルスだ」というタイトルで出ています。

絵本は絵のタッチや色彩がとても個性的。だから海外もので、言葉の意味が

わからなくても充分楽しめる。

11月には銀座におとなのための絵本カフェがオープンするそうです。

世界中からたくさんの絵本が集まり、おいしいケーキとお茶が

用意されているそうです。いつか、なにかのついでに行ってみたい思うけど

気をつけなければいけないことがひとつ。最近の飛び出す絵本の凝りようと

いったらもう大変です。私のようなとても器用な人間などには、まず開くときに

破けないようにと気をつかい、そして見終わったら今度は、

うまく閉じれなくなったりして・・・。恐ろしい。

写真は絵本から飛び出したような遊具。キャッスルです。

風邪をひいている人が多いです。お気をつけて。

良い週末を。お過ごしください。












2 コメント ( 1036 views )   |  固定URL   |   ( 3 / 826 )

水車 
Wednesday, October 29, 2008, 05:52 PM - 製品情報


グループ会社の中村弘前から季節の便りが届きました。

上の写真は青森県の十和田にひっそりと佇んでいる蔦温泉にある水車です。

まわりは十和田樹海。ブナの原生林です。

水車は年にいくつか設置されます。水車が出荷されるたびに日本的な田舎の風景を

勝手に思い浮かべます。こういう製品の需要がなくなったら、なんとなく寂しい。

とここまで書いてふと思ったことがあって。

外国は風車のイメージがあるのに、日本は完全に水車のイメージ。

いまでこそ海岸で大きな風車がぶんぶん回転しているけど。

真下に居ると少し怖い。

それで風車はというと、紀元前までさかのぼってエジプトが発祥らしい。

はじめに文明が起こって、穀物を作るようになって、穀物を粉にする必要が

あって・・・。パンやナンの類。それでぎったんばっこんするには水車も

使用したのでしょうが、風車のほうが役に立ったのでしょうか。

日本は米食。時代劇でも風車は見たことない。(少なくとも私は・・・)

そんなこんなで日本は水車のイメージが強いのでしょうか。

下の写真は中村弘前の中庭と岩木山です。中村弘前の中庭では、製品の暴露や

新しい製品を仮設したりしています。

岩木山の写真は出勤途中にふと見たら、おおっー初冠雪〜と思い、

会社に着いて写真を撮ろうとしたらもう熔けていたそうです。

ついでに初冠雪ではなかったそうです。

カメラをもってバタバタと撮影してくれようとしている姿を

想像すると・・・微笑ましいです。

みなさんが住んでいるところの木々や山々に季節の魔法はかかっていますか。












17 コメント ( 1125 views )   |  固定URL   |   ( 3 / 836 )

フレーム 
Monday, October 27, 2008, 06:36 PM - 製品情報


デジタルカメラで撮った写真を簡単に飾って楽しめるデジタルフォトフレーム

というのが最近人気らしいです。贈答用に購入して、あらかじ写真データを

入れてギフトにする人が多いそうです。家族や恋人の写真を飾る習慣が

ある米国などで先に普及したらしい。デジタル写真になってから、写真の楽しみ方や

残し方のカタチがとても増えた気がします。

私も家に一枚フレーム付きで写真を飾っていますが、写真に飽きて取り替えようかな

と思っても、それとなくめんどうでそのままになっています。

デジタルフォトフレームは、ものによってデジカメから

無線でデータを飛ばせるそうで。それなら便利かなとも思うし。

それでも必要ないかなとも思うし。

もし、この製品を利用するなら家族や恋人の写真より、

なんでもない街の風景や、猫、空、そんなヒトコマがいいかな。

上の写真は懐かしいモニュメントのようなコンクリートの

遊具がいい味を出してると思うけど・・・。

みなさんなら、どうですか?




1 コメント ( 1041 views )   |  固定URL   |   ( 3 / 786 )

イメージと思い込み 
Thursday, October 23, 2008, 06:21 PM - 製品情報


先日、秋のひまわりというタイトルでアップしたあと、

昔、ひまわりがたくさん咲いているシーンをロシア映画で見たよ。という声が

聴こえてきました。もしや・・・。

私がひまわりを夏の花だと思い込んでいただけだったりして・・・。

いけません。日頃から、イメージすることは大切。思い込みはあまり良くない。

と胆に命じていたのに。

早速、調べてみるとひまわりの原産地は北アメリカの北西部らしいということです。

ここで早くもひまわりのイメージの南ではなく、北という文字が2回も出てきた。

その後、スペインに渡ったそうで、スペイン。情熱。あー夏だ・・・。

それは私の記憶にインプットされた夏のイメージ。

そして・・・。ロシアにわたり、食用や油を目的として盛んに栽培されたようです。

ロシア。寒いぞ。

日本でも北海道や長野はひまわり油の産地だそうです。

先日書いた内容で、コスモスの横でひまわりが揺れていたという風景を見た

のは、まさに長野県。

ということは、ひまわりはそこそこ寒さに強く、

少し咲く時期がスライドしたら・・・。

まだ咲いていても、不思議なことではないなー。いまの時点ではそんな結論。

長野出身の人ならこの時期でも昔からひまわりを見てたのかな。

イメージと思い込み。仕事でも大切なところです。

例えば遊具なら、ご提案や新しいモデルを考えるとき、まずCGをつくります。

当社のCGの出来映えは、結構いい感じだと思っているのですが、

それも私の思い込みだったりして。精進します。

上が提案CG。下の写真がその実物です。






1 コメント ( 1172 views )   |  固定URL   |   ( 2.9 / 887 )

秋のひまわり 
Monday, October 20, 2008, 06:20 PM - 新製品トピックス
朝夕寒いと思ったら、昼間は想像以上に暑い。

先日、信州へ出かけたとき、ひまわりとコスモスが並んで咲いていたのを

よく見かけました。変な光景です。

私の脳裏にインプットされているひまわりは、完璧にぎんぎら太陽に向って立ち尽く

している姿。それがこともあろうに、秋の草花のコスモスと並んで揺れているとは。

だいぶ前から街の花屋さんで、夏以外でもひまわりを見かけるようになって、

観賞用の切花はここまで来たかと関心してたけど、山並を背景に地面に植えら

れている季節外れのひまわりをみるのは初めてでした。

季節外れのひまわりはどこか貧弱。太陽が弱いせいか黄色も、いまひとつ。

冬のトマトが美味しくないのとおんなじ!

こんな風景が進んで、温暖化が進むと四季はどうなるんだろう。

四季に育まれた文化や豊かな感性もまた、それに合わせて変化していくんだろうな。

未来の子ども達はひまわりが何時のものか、トマトは何時のものかわからなくなる?

何時の時代も、そんな世の中の変化が起こって、大人は子ども達に、

昔は〜だったのに、という話し方になっていく。ひとつ新しいことや、

ものが生まれたその瞬間に、過去がひとつ生まれるのかもしれない。

写真の製品はファミリーテーブル(ベンチ)という名前の製品です。

きちんと考えたコンセプトのもとで生まれた新しいスタイルです。

芝生はでこぼこ。ビニールシートのうえでは、つい飲み物をこぼしたり、

お年寄りは地面に座るのが大変だったり、そんな光景を無くそう。

そんな思いで開発しました。新しいものですから、使いたいように、

使って頂けたら。うれしいです。








2 コメント ( 1101 views )   |  固定URL   |   ( 3 / 883 )


<< <Back | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | Next> >>