トランキライザー 
Friday, October 25, 2013, 05:48 PM - 製品情報


写真は静岡県の浜石野外活動センターからの眺め。

時々、むしょうに海が見たくなります。静かな海はもちろん、荒れて波が高い海も。

水不足にならず、みんな困らないよう、できるだけ天災がないことを祈ります。

都合のいいことと思いながら・・・。

同じ波がないように、どんなに似ていても、繰り返しのような

毎日でも同じ日はないんですよね。

寄せては返す波って、人の呼吸ににてる。息をはいて、吸う。

ときにゆっくり、ときにはやく。ときに短く、ときにながく。

時間を刻んでいく。

波の音を聞くと、懐かしい人の声が聞こえてくるような気がします。


子どものころ、台風一過を台風一家と思ってたときがありました。

はすかしながら。


船の遊具で大海原に思いを馳せてほしいなぁ。

子ども達に。




8 コメント ( 484 views )   |  固定URL   |   ( 3.1 / 353 )

こころほどいて 
Thursday, October 10, 2013, 07:08 PM - 製品情報


忙しい季節がはじまりました。弘前のみなさん、シラトリのみなさん

物流のみなさん、営業のみなさん、設計のみなさん、現場のみなさん・・・・・他。

今年もよろしくお願いします。

職種がちがうと、考え方、感じ方、たいへんさ、つらさ、楽しさがちがう。

そこに集まる人のタイプもそれぞれ。社風ならぬ職風みたいなものがある気がします。

自分以外の職種のひとってもしかしたら自分が思っている以上に大変なのかも

しれない。なにが、どう大変なのかもわからないな。なんてことを考えたりして。

おおきく息をしてください。

みんなつながってますので。まちがいなく。

寒暖の差が激しいです。ご自愛ください。


9 コメント ( 353 views )   |  固定URL   |   ( 2.9 / 301 )

虹の彼方に 
Wednesday, October 2, 2013, 06:44 PM - 製品情報


今日、大きな虹を見ました。虹の先っぽを見たのは初めてです。

さいきん、こういう画像は「合成」?「加工」?なんていう見方をしがちですけど。

ある意味加工してます。だってこんなに大きな虹を写真に収めるには

かなりの広角レンズがなければ入りません。

この写真は、同じアングルでカメラをぐるっと廻せば一枚にまとめてくれるという

機能で写したもの。

子どもの頃は虹や四葉のクローバーを見つけると「きっとなにかいいことがある」

なんて密かに思ってました。もうサンタクロースの正体がわかった何年もあとに。

いま考えるとそれは、「なにかいいことがありますように」という願かけだった

ような気がします。台風もラストスパートのようで。巡る季節のバトンを

わたそうとしているかのようです。

虹を見ると思い出す歌詞。

「きみにとてもききたいよ

若さはまぼろしかと

堕落は虹の光に

哀しいほど似ているかと」

季節の変わり目です。体調に気をつけてください。


9 コメント ( 307 views )   |  固定URL   |   ( 3 / 279 )

夜明けの雲 
Friday, September 20, 2013, 07:23 PM - 製品情報


写真は早朝の岩木山です。黒い柱のようなものはたぶん、

列車の窓枠が写りこんだもの。なんともいえずきれいでした。

なんとなく英国の画家「ターナー」の描く風景画のようです。

この秋「ターナー展」があります。よろしかったらぜひ。

http://www.turner2013-14.jp/

下の写真は「仙台空港臨空公園」です。

昨年の4月頃にきたときには、ガレキ置き場となっていて撮影できませんでした。

ガレキは確実に処理されているみたいですけど・・・。

秋を楽しみましょう。とりあえず。




3 コメント ( 353 views )   |  固定URL   |   ( 3 / 264 )

未来は霧の中に 
Monday, September 9, 2013, 07:20 PM - 製品情報


今年は「さるすべり」の花をいつもより長い時間見ている気がする。

「さるも木から落ちる」とか、木登りといえばやっぱり「さる」なのかと思った。

でも熱い夏に花を見せてくれる「さるすべり」。埼玉県の桶川付近で

街路樹が「さるすべり」の通りがあるけど、綺麗です。

色もけっこう種類があるし。

ちなみに「さるすべり」って漢字だと「百日紅」と書くらしい。

もともと百日ぐらい花を咲かせていたから付いた名前なのかどうかは知らないけど。

あっけなくオリンピックが決まって。

オリンピック開催のときまでに震災の被災地はどこまで復興してるんだろう。

オリンピック施設が先じゃなんだか・・・。はずかしい。

これから街のどこかで

「オリンピックまであと・・・日」なんてカウントダウンの時計ができるんだろうな。

7年後、自分は・・・歳になってどうなってるんだろう。って

考えた人も多いと思う。21世紀を迎える前みたいに。

これを機に、7年後をめざしてなにかにチャレンジしようかな。

写真は札幌の白石東冒険公園です。名前のとおりチャレンジのしがいが

ありそうな遊具です。


2 コメント ( 335 views )   |  固定URL   |   ( 2.9 / 278 )


<< <Back | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | Next> >>