かみふうせん 
Monday, October 27, 2014, 08:12 PM - 製品情報


新しいベンチです。

屋外のベンチなのに、オフィスの椅子のようにリクライニングします。

これまでにない心地よさで、リラックスできるベンチです。

なんだか、いつもの年より朝晩と昼の寒暖の差が大きく感じるのは、歳のせい?

いや、そんなことはないと思いつつ。

街の灯りがいつもより明るく感じるのは、だれのせいだろう。

さいきん原因論より、目的論だとか目にすることが多い。

例えば不登校の子どもは、なにがきっかけで不登校になったんだろう。と、原因を探すより、

親の気をひきたくて不登校になったのでは。みたいに、人が行動を起こすには

なにか、必ず「目的」があるはず。という前提で物事を考えることらしい。

そうすると、いままで見えていなったことが見えてくることもあるんだそうで。

前向きになるらしい。どっちもどっちのような気がするけれど。

よく犯人がつかまると無理にでも「動機」を見つけようとする。

動機がわからないと対策が立てられないと言って…。不安なんだ。きっと。

ひとの気持ってそんなにわかりやすくて割り切れるもんじゃないと思うけれど。

だからひとなのであって。悩むんじゃーないのですかね。あーでもないこーでもないと。

それはけっして悪いことじゃないし。

ひとの気持を理解した気になっているのは、自分の都合のいいように

解釈してるだけのようなときもある。理解できないことがあっても不思議じゃない。

ビートたけしがインタビューで、

「生きてるあいだにどれだけ考えて、どれだけ動けるかでしょ」と言ってたそうで。

秋の夜長。みなさま。いかがお過ごしになるのでしょうか。

くれぐれも布団からはみださないように。
3 コメント ( 1385 views )   |  固定URL   |   ( 2.9 / 285 )

ほんとうは 
Monday, October 20, 2014, 07:54 PM - 製品情報


たまに厚焼き玉子がたべたくなる。

玉子掛けごはん、スクランブルエッグ、目玉焼き、ゆで玉子。

さまざまな食べ方があって、さらに硬さや半熟などいろいろ。

玉子はよく食べるけれど。厚焼き玉子はあまり食べる機会がない。

そんな厚焼き玉子を、昨晩、久しぶりに食べた。

厚焼き玉子は焼き立ての暖かいのがおいしい。

20年以上昔、夏になると青森県の知人の家でお世話になりながら「ねぶた」に

跳人として参加していたことがあって。

ある年、その家のおばあちゃんがお弁当をつくってくれて。

帰りの電車のなかで食べた。そのときの厚焼き玉子の美味しさが忘れられない。

砂糖たっぷりの甘い玉子焼き。かなり甘かった記憶がある。

お弁当だから当然、暖かいわけはないのだけれど。

甘かったせいなのか。その厚焼き玉子は暖かく感じた。

それ以来、そのときと同じ味の玉子焼きに出会ったことはない。

そんなふうに結局、記憶に残っているのは高級料理よりおにぎりとか。そんな類。

それとも高級料理をそれほど食べていなからか (笑)

暖かい食事で「ほっこり」してください。

そんな食の思い出。みなさんにもありますよね。

あ。少しまえに唐揚げにタバスコかける人がいて、かけてみました。

けっこういけます。スパイシーチキンみたい。よかったらチャレンジしてみてください。





3 コメント ( 332 views )   |  固定URL   |   ( 3.1 / 242 )

シカト 
Thursday, October 9, 2014, 06:23 PM - 製品情報


電車や病院の待合。親子連れで母親はスマホに夢中。

小さな子どもが話しかけても適当な返事。「シカト」

でも、こどもはおとなしい。おとなだって待つのはつらいのに。

たぶん、子どもがしつこく話しかけると、そのうち母親は静かにしなさいという。

だから、おとなしいのかな。なんて想ってしまう。

そうかと思えば、子どもと上手にお話ししている親子もいる。

それと、病院ではかなり高齢の親子ふたり連れをよく見るようになった。

親の手を引かず、すたすたと先に歩いていってしまう。

なんか、そんな光景を交互にみると「シカト」された子どもはやがて、

親を「シカト」する。つながっているような気がしてならない。

「シカト」の語源は、花札の10月、鹿がそっぽをむいていることからという説があって。

はじめは「しかとう」と言われてたらしい。

「シカト」はよくないと思う。絶対に。




3 コメント ( 274 views )   |  固定URL   |   ( 3.1 / 310 )

けっきょく 
Tuesday, September 30, 2014, 07:44 AM - 製品情報


9月の中ごろに、スポーツ関係の講習会に通ってました。

自衛隊の人、理学療法士、指定管理の人、役所の人、スポーツトレーナーを目指している人…。

みなさん運動が好きで、運動を通して介護予防や、誤ったスポーツ環境でのケガを無くそう

としたり。運動をとおしてなんらかのカタチで社会貢献したいと考えている方々が

全国から参加しました。

日本は長寿世界一。男性も平均寿命が80歳を超えたとか。敬老の日かなにかで

ニュースで流れてましたけど。

弊社の健康器具のカタログにも記載していますが、立って、歩けて普通に生活できる

ことを「健康寿命」と呼んでいるらしいですけど。

実は平均寿命は80歳ですけど、健康寿命は70歳を少し超えたぐらいのとこだそうです。

だから、平均寿命までの約10年は病気に悩まされ続ける。

とにかく生きてれば平均寿命にカウントされるんでしょうから。

スポーツ、園芸、動物…なんとかセラピーなど、それぞれの世界で自分にあった方法で

生きがいやら健康やらをなんとかしようとしてます。

身体が健康でも心が病んでたら困るし…。

先日俳優で歌手の加山雄三さんが75歳での武道館ライブをBSで放映してました。

加山さんは「いくつになっても夢がある。希望をもって!」と語りかけていました。

そうかと思えばNHKで「老後破産」とかやってて。

どれもいろいろです。どの状態も自己責任でしょうか。

歳をとるというのはまちがいなく平等ですけど…。

いすれにしても時間はつながってるんですよね。いまこの瞬間から。

ずっと先まで。

変えられないことはしょうがないけど。

過去は変えられないけど。

未来は変えることができる。

結局どこかでなんども聞いたセリフになってしまいました。

決して保険の勧誘ではありませんよ(笑)
4 コメント ( 365 views )   |  固定URL   |   ( 2.9 / 332 )

マジック 
Tuesday, September 16, 2014, 03:02 AM - 製品情報


「ささやかだけれど役に立つこと」タイトルの本があります。

昔、村上春樹さんが訳した本です。たしか「レイモンドカーヴァー」

という作家だった。

なんだかさいきん。役に立とうとするあまり「技術」がからまわりしてる気がする。

ハイブリッドと騒いでいるのは日本だけ。欧米ではディーゼルエンジンが主流。

燃費だってあまり変わらない。クリーンという点では断然ハイブリッドだけど。

電気で走る自動車だって電気のスタンドが全然ない。

スタンドつくるのにもびっくりするぐらいの費用が必要らしい。

さいきんではEV車の高速料金を国が一部補助する案が出ている。

なんか変。みんなが追い付いていけないような技術や製品は結局無駄なんだなぁと思う。

そんな無理、無駄がけっこうあったりして。

先端とか新しいものとかっていう言葉に惑わされないで、

ひとつ後ろへさがったり。アイデア勝負してみてもいいんじゃない。

なにが先端なんだかわかんない。気がついたら古いものが先端だったり。

本末転倒って意外と多いのかな。日々の暮らしにも。気をつけよっと。
1 コメント ( 274 views )   |  固定URL   |   ( 3 / 346 )


<< <Back | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | Next> >>