りんごのにおいと風の国 
Tuesday, October 18, 2016, 06:51 PM - 製品情報


通勤路にある松戸神社。

ほぼ毎日歩いてるのに、さいきん気がつきました。

お百度参り用の施設があることに。

時代劇でたまに見ます。女性がお百度をやってるシーン。

だいたい夜中に行ったり来たり。石を積んでたりして、途中で雨が降ってくる(笑)

時代劇が好きでよく見るけど。いつも疑問に思う、

昔の侍はあんなにいつも酒を飲んでたんだろうか。と


夢を実現させた人が口にする言葉で、

「そうなりたいと強く願わないとダメです。」みたいなのがあって。

お百度参りの施設を見るたびに思い浮かびます。その言葉が。

ようやく秋っぽい空です。

今年の秋は短いそうですよ。


1 コメント ( 239 views )   |  固定URL   |   ( 3 / 298 )

かちかん 
Wednesday, October 5, 2016, 05:40 PM - 製品情報


今朝、通勤時に駅の階段を、白い杖を使って上がっている人がいて、

階段を上りきって、わたしとほぼ同時にホームへ。

少しまえにホームから転落したニュースを見てたので、

声をかけようかな。と思いながら、そのまま離れました。

なんだかな。どうしてだか。

人間(わたし)の心理は複雑。



たまに、駅前で野菜を10円ぐらいで配ってるオッサンの集団がいて。

でも、ほとんど人が寄り付いてない。

普段、少しでも安いスーパーに行く人が多いはずなのに。

あまりに安いと逆に警戒する。

「ただより怖いものはない。」とは言うものの、

商売でもなんでも極端なことは、まったくとは言わないまでも、

受け入れてもらうのは難しいようで。

人間の心理っておもしろい。




さいきん、旅行に行こうと思い、ネットで宿を探してると、

思わずクチコミを見てしまう。だいたいが適当にいい点数だけど、

たまに壁が汚いとか、なんとか。書いてある。

その旅館は古いんだからある意味当然なんじゃないの。なんて思いながら。

いろんなクレーマーがいるけれど。

人間の心理っていろいろ。


高校のときの担任が心理学を勉強していて、

「価値観の相違」とかよく言っていた。

外国なんかとは価値観が違うせいで文化も違うように思える。

いや文化が違うから価値観が違うのか?。

人の行動の元には、価値観が影響してる。

価値観にもニュートラルのギアみたいな部分が必要だなぁ。

なんて思ったりして。


例年なら夕方、公園でのんびりするのが気持ちいい頃なのに…。

ただ、季節の変わり目ではあるのでみなさま体調には気を付けてください。



4 コメント ( 269 views )   |  固定URL   |   ( 3 / 284 )

君の名は。 
Tuesday, September 27, 2016, 05:58 PM - 製品情報


ちまたで話題の映画「君の名は。」見ました。

個人的には「輪廻転生」「時をかける少女」の要素だろうか。

なんて思いました。

だれかと出会うのは必然なのか偶然なのか。

若いときは歳を重ねたいまとは違う意味で「運命」って言葉に惹かれます。

むかし、ふと思ったことがあります。

住んだ街、通った学校、会社…。なにかが少し違ってたら、

電車でとなりに立っている人も、知り合いになってたかもしれない。

こんなにたくさん人間がいるのに、生きているうちに出会える人ってほんの

一握り。世の中には、もっと自分とウマが合う人、もっと自分を理解してくれる人…。

きっといるはずだ。そんな人が。なんて想像したことがありました。

「はじめてなのにどこか懐かしい。」なんかのコピーだったと思うけれど。

そんな経験はあります。

気がつかないうちに大切な人を忘れていく。たまに思い出すことに油断して。
76 コメント ( 573 views )   |  固定URL   |   ( 3 / 299 )

無理はしない 
Tuesday, September 20, 2016, 06:47 PM - 製品情報


台風ばっかりです。

ニュースでは異常気象というけれど。

これが異常なのかどうかわかりません。

長い地球の歴史のなかで天候のデータなんてほんの少しだろうし。

想定外は異常だし、都合が悪くても異常だし。

不安定なのは困ります。

全部、堤防なんて造れません。

宇宙へ行けても、病気が治るようになっても。

自然には勝てません。たぶん。

自然に勝てるようになったら、なんだか人間が威張りすぎて、

ロクなことにならない気がします。

なんて考えると、神様の世界だなこりゃ。なんて思ったりして。

でも、なにはさておき、神様、仏様より、

自然の驚異に対抗するにはやっぱりいかに早く

情報が伝わるかが大事な気がして…。逃げるが勝ち。

無理しないことなんだよなぁ。でもそこが難しいんですよね。きっと。

みなさんお気を付けください。


1 コメント ( 184 views )   |  固定URL   |   ( 3 / 291 )

宇宙図書館 
Tuesday, September 6, 2016, 05:49 PM - 製品情報


スポーツは力と技で、相手がいたり、タイムがあったり…。

だから衰えていくことがよくわかる。

それに比べると芸術はなんだかわかりずらい。引退もないし。

歳を重ねたあとの作品でも味があるとか、なんとかって表現されたり。

歌詞なんかも、あのころはとってもいい歌詞だと思ってたけど、

さいきんのアルバムはいまいちだな。なんて思ったりして。

ここで忘れがちなのが、アーティストだけでなく聞くわたしも歳を重ねてるってこと。


歌詞にはアーティストそれぞれのスタイルがあって。

若いときにはレトリックを考えるのが楽しいし、また思い浮かぶことも多いと想像できる。

シンプルな言葉だって、ほかのシンプルな言葉との組み合わせ次第で、

とても素敵な歌詞になる。

だから、シンプルな言葉だけの歌詞をみると、

あら、才能枯れちゃったの。なんて思ったりしたけど。

でも、さいきんシンプルな言葉だけで完結する歌詞を見ると、

例えば「いつか」という言葉だって、歳を重ねるとそこにいろんな想いや思いが

重なる…。とか、レトリックはやめて、あえてこうなのかなとか…。

へんに深読みしたり、想像したりする。

素直に楽しめないのは曲がった性格のせいだけど。

アートや文芸の方たちの晩年ってちょっと気になります。

自分で衰えのわかる体力。100歳でも運動すればそれなりに発達する筋肉のように、

あたまの回転とか、考える力にだって筋肉みたいなものが必要で、

やっぱり鍛えないとダメみたい。体力みたいに自覚しずらいのが怖い。


9 コメント ( 274 views )   |  固定URL   |   ( 3.1 / 292 )


<< <Back | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | Next> >>