変わらない? 
Friday, November 19, 2010, 04:58 PM - 製品情報


通勤路に松戸神社があります。

その境内を通り抜ける。その通り抜ける歩道沿いに

絵馬を結ぶ場所があって。

なんとなく目を絵馬にむけると、派手!

スペースシャトルは飛んでるわ、地球は浮かんでるわで

なんだかとってもワールドワイド。

思わず頭のなかに「こんにちわっ!こんにちわっ!世界の国から〜」と

三波春夫の万博ソングが流れた。

赤ちゃんのお宮参りのときの絵馬でしょうか。

たとえ神様がやる気をなくしても、絵馬が変わっても、

親が子を思う気持ちは素朴。ずっと変わらない。

・・・そう信じたい。


3 コメント ( 690 views )   |  固定URL   |   ( 3.1 / 442 )

龍馬の後姿 
Tuesday, November 16, 2010, 07:44 PM - 製品情報


11月15日は坂本龍馬の誕生日であり、命日でした。

今年のNHK大河ドラマ「龍馬伝」も今月の28日で終了です。

なんとなく、いまの時代が幕末のようです。

すっかり寒くなると「おんだんか」という言葉を耳にしなくなる。

季語みたいでなんだかなと思ったりします。

冬が寒くならないと、冬のときの記憶まで薄れてしまう気がする。

昔、口ずさんだ音楽を聴くと当時を思い出すように、

季節がくるとよみがえる記憶もある。

寒さや冷たさが身体だけでなく、こころにもしみいっているようで・・・。

皆様、風邪にご注意くださいませ。

写真は昭和記念公園です。

ちょつと車で走りますが、立川にはラ・ファーロというリーズナブルで

おいしいイタリアンのお店があります。ランチもやってます。


4 コメント ( 595 views )   |  固定URL   |   ( 2.9 / 516 )

感動はスタンドで受け取る 
Friday, November 12, 2010, 07:28 PM - 製品情報


冬の楽しみのひとつにスポーツ観戦があります。

どんなにテレビが賢くなっても、3Dになっても、

実際にスタンドで観戦する雰囲気は味わえない。

そんなスポーツ観戦になくてはならないもののひとつが

スタンドベンチです。

近年、競技場、スタジアムの建設が少なくなるかわりに、

既存のスタンドベンチのリニューアルが増えてきています。

昔はみんなで連座する平ベンチが多かったけど、ただの平らな板状の

ベンチだから、掛け心地もなにもあったものじゃなく・・・。

そこで、せっかくリニューアルするんだったら、是非とも個席タイプがいいと、

利用者の立場になると思う。ただ個席はサイズが大きくて収まらなかったりと

うまくいかないスタンドもあるらしい。

そんなスタンドのリニューアルにぴったりなのがこの秋に発売の

コンパクトスタンドベンチ。

このスタンドベンチの偉いところは、ただコンパクトというだけではなく、    

掛け心地がとてもよいこと。設計の人たちは掛け心地にも相当こだわったらしい。

そのうちどこかのスタジアムで会えるでしょう。楽しみです。


■間隔の狭いスタンドでも、イス席の前後間隔(通路幅)を十分確保できます。
8 コメント ( 614 views )   |  固定URL   |   ( 3 / 464 )

冬が来る前に 
Tuesday, November 9, 2010, 08:15 PM - 製品情報


毎年、この時期になると「紙ふうせん」というグループの

「冬が来る前に」という曲がラジオから流れてきます。

秋から冬へ。

落ち葉を踏んだときの乾いた音。どこからか流れてくる焚き火のにおい。

家路を急ぐ子ども達の影が長く伸びていました。




38 コメント ( 664 views )   |  固定URL   |   ( 3.2 / 536 )

舞台 
Thursday, November 4, 2010, 06:55 PM - 製品情報


ステージシェルターです。そのたびにカタチは違いますがたまに

オーダーがあります。これは軒下に防災製品や配電も備えた

多機能タイプだそうです。なんに使うの?

と担当のK君に聞いたら、「まちの催し物で。」ということらしい。

商店街や住宅に面した裏通りにも入り口があるという立地。

カラオケ大会?、夏の盆踊り?大晦日のカウントダウン?

茨城県で芋煮会は聞いたことがない。

でも、なんだかこういうものをこしらえて、地域を盛り上げようと

がんばっている方々がいらっしゃるというのは、なんだかうれしい。

人はみな人生という名の舞台・・・どうしたこうした

という感じのせりフを聞いたことがあるけれど。

シェークスピアとかが主題にしたような、人が抱える

いろいろな問題はなにも変わっていない気がする。

ある意味、昔より難しくなってる。舞台の展開は早くなっていくばかりだし。

「ようやく知った 昔は未来の向こうにもあること」

「なつかしすぎる未来が たったひとつの探しもの」

という歌詞が頭に浮かんできます。

変化が激しすぎるいまだからこそ、変わらない想いや気持ちを大切にしないと

ステージに立っていることができない気がします。



2 コメント ( 614 views )   |  固定URL   |   ( 3.1 / 535 )


<< <Back | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | Next> >>