そーいえば 
Monday, November 28, 2011, 07:23 PM - 製品情報


少し前に弘前から届いた写真です。

岩木山の冠雪とワサオ。

よく飼い主とペットは似てくるというけど。

確か、飼い主の「おばちゃん」もワサヲ似だったような。


39 コメント ( 597 views )   |  固定URL   |   ( 3 / 378 )

ブータン 
Monday, November 21, 2011, 07:55 PM - 製品情報

古い寺院

ブータンから王様がやってきました。

写真は20年近く前にブータンに行ったときの写真です。

ブータンでは国民総生産のかわりに国民総幸福量というものを大切にしている。

「貧乏な国の言いそうなことだ」と言ってる人もいるみたいで。

数年前に王政をやめて民主化してから騒乱がおきたというニュースは

もれ伝わってこない。これから先に起こるかもしれない。

20年近く前にも過激な人たちの話しは聞いた。

当時は外国人旅行者の入国人数も制限してた。

その昔、ミャンマーとか貧しいアジアの貧しい国々を旅したとき、

若い人たちはソニーやホンダにあこがれてました。

かってはわたし達もおんなじ気持ち。ひととおりモノが手に入るようになって

それを豊な暮らしと信じてきて、はじめて「あれ、これがしあわせ?しあわせって、

こういうこと?しあわせ?そうでもない?」と考えはじめた気がします。

そんなことを考える隙をあたえないようにいろんなモノや情報で神経が

麻痺させられているのかもしれない。

だから、いずれにしても貧しい国はモノにあふれた生活を

めざすのは仕方のないこと。

貧しい国を後進国とも呼び、ちょっとお金のある国を先進国とも呼ぶけど。

その差がなくなってきている。先進国が行きづまってる。

後進国にはモノがあるのは幸せだよというフリをし続けながら。

温故知新、終わりがはじまり、輪廻転生。

進むことだけが賢いとは言えない。そんな気がする。


学校の休み時間


首都へ向かう道からの風景


首都にいた子どもたち
1 コメント ( 465 views )   |  固定URL   |   ( 2.9 / 404 )

あーたろーかー 
Tuesday, November 15, 2011, 06:42 PM - 製品情報


珍しいタイル張の柱です。

やはりちょっと変わったものは新鮮です。

タイルって以外とレトロっぽかったりするけど。

柱はタイルだけど桟木とか全体の雰囲気は至極ベーシック。

柱を桟木の色に近づけたかったのか・・・。

朝陽とか夕陽があたったらキレイかもしれない。

昔はいまぐらいの季節になるとよく焚き火をしました。

いまは焚き火が禁止だそうで。

“垣根の垣根の曲がり角〜”なんて唄も消えていくんだろうか。



先日、山梨県の西沢渓谷というところに出かけてきました。

4時間弱のウォーキングと軽いトレッキング。

きれいな紅葉でした。けっこう穴場です。

来年は是非出かけてみてください。


5 コメント ( 495 views )   |  固定URL   |   ( 3 / 405 )

メトロポリスの錯覚 
Wednesday, November 9, 2011, 07:28 PM - 製品情報


東京の端っこに足立区というところがあります。

よく言えば下町。住宅密集してます。

「舎人」という場所があって「とねり」と読むんだけど、

だいぶオトナになるまで「しゃじん」と読んでいた。

そんな足立区が小さな空スペースを活用して「プチテラス」という

休憩施設をつくっています。だいたい設置してあるのが

「カマドベンチ」とか「収納ベンチ」といった防災関係のファニチャー。

写真の焼鳥 おやじがいいアクセントになってる。

再開発という名のもとに下町が消えていく。古い木造住宅の密集地は

防災の点からすればまちがいなく危険地帯ですけど。

さいきん、開発ってなんだろうって。思う。

開いて発展させる。でもそのあと壊す。なんだか、街も大型の

ショッピングッセンターもあまり変わらない。

人が居て街がある。街があって人がいる。その間には暮らしがあって。

そんな、こんなの暮らしから生まれる抑えきれない、いろんなことから

風情が湧き出てくる気がする。

なにが下町っぽいかって定義なんかないんだけど、下町っぽい人っている。

なんだか山の手って無機質な感じがして・・・。

焼鳥 おやじ 煮込みがおいしそうです。もしかして生なんてなくて、

瓶ビールしか置いてないかもしれない。

ようやく ちょっと寒い。

冬が来る前になにができるだろう。









4 コメント ( 446 views )   |  固定URL   |   ( 2.9 / 420 )

感覚 
Wednesday, November 2, 2011, 08:10 PM - 製品情報


暑い、寒い、涼しい、ちょうどいい?

通勤で電車に乗っていると、そんなに着て暑くないの?

みたいな人を見かける。

ファッション的に秋、冬してる人もいれば、

だって衣替えしちゃいましたから。みたいな感じの人もいて。

半袖なんか着たら、浮いちゃうじゃーないですかとか・・・。

律儀な日本人は自分の暑い、寒いの感覚より、

季節に着るものを合わせてるみたいに思えてくる。

そこいくと観光で来てる外人さんの半袖姿が街に妙に馴染んでる。わかりやすい。

昔はものすごくノーテンキに見えたけど。

暖かい国の人は「衣替え」なんて当然わかんないだろうなぁ。

それもほぼみんな同じ時期にやる。

なんだか、外人さんのイエス、ノーがはっきりしてるのは

気候の影響もある気がする。

日本人のわび、さびとか、細やかな部分は豊な四季の移り変わりを心と身体で

感じてきたことが大きく影響されてきたように感じます。

これから温暖化が進んで四季の移ろいがなくなったら、

日本人の気質まで変わってしまう気がします。

また夏日になりそうです。

風邪ひいてる人も増えてます。

ご自愛ください。


3 コメント ( 514 views )   |  固定URL   |   ( 3 / 413 )


<< <Back | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | Next> >>